一宮町とは 私たち住民の愛する千葉県長生郡一宮町は、ゆるやかな弧を描く九十九里浜の南端・北緯35度21分,東経140度22分に位置しており、西の「千葉県指定有形文化財の玉前神社」や「東浪見寺の木造軍荼利明王立像」などがある丘陵台地に対し、東にある一宮町の美しい砂浜は、太平洋の黒潮に洗われ、神輿を担ぐ人々が裸に近い姿で波打ち際を疾走することから、「裸祭り」と呼ばれ1200年つづく無形民俗文化財の「十二社祭り」の祭典場を有し、地曳網を使ったイワシ漁を多くの観光客が体験しています。また一宮の波は、サーフィンの世界選手権が開催されるなど県内外のサーファーたちを魅了してやみません。
首都圏への通勤圏にある一宮町の海浜環境は、子どもを持つ家族の移住先としての候補地となって、やがて定住するという、その一番の理由に上げられ発展を続けています。まさに「海と太陽と緑と風」に恵まれた風光明媚で温暖な気候地域なのです。

海岸侵食と疑問視されるヘッドランド工法 しかし近年、満潮時には黒潮洗う美しい砂浜は消滅し、「十二社祭り」で神輿を担ぐ人々は砂浜ではなくコンクリートの上を走り、地曳網漁はできなくなり、子どもが遊べる砂浜の広さはごくわずかとなってしまいました。千葉県が海岸侵食を守るために昭和63年以降おこなっているヘッドランド(人口岬)工法については、住民や海岸利用者の間に「本当にこれで砂浜が回復されるのか」「景観や自然環境を破壊しないで海岸の浸食を防止する対策は他に無いのか」といった疑問や批判の声があります。
多額の税金を投入しておこなう公共工事は、専門家や住民の声を聞いて合意形成を計りながら進めていく必要があります。昨年夏に開かれた住民説明会で千葉県と住民双方の間でこの点が確認されたものと考えていましたが、突然に住民に何の説明もなく工事が再開されました。
第6号ヘッドランド(通称サンライズポイントの右側堤防)において、「ジャカゴ」と呼ばれる石を金網で包んだ基礎部分が海中に投下されたのです。
今回の工事は、基礎部分の上に、コンクリートの塊防波ブロック(通称テトラポット)を砂浜と平行して200メートルも投入して、美しい海の景観を壊してしまい、海を覆ってしまう横堤工事計画であると聞きました。こうした工事が本当に実施されたままで良いのか、他には方法が無いのか。

工事が招く大きな問題とは サンライズで行う工事は、志田、東浪見、一宮町にある全てのヘッドランドで同様に行われる予定で、これらの工事が完成すると全てのサーフポイントは壊滅的な状況に追い込まれます。世界選手権も開催される日本を代表するサーフポイントが消滅してしまうわけです。
また、この問題はサーフポイント消滅の危機だけではなく、生態系への影響や、風光明媚な九十九里浜の景観や海辺の環境が変わってしまう事で、観光客の減少や移住者・定住者の減少の可能性など地域への経済的打撃も危惧されます。  

一宮海水浴場の海岸
(2/8 7時頃撮影)

サンライズの海岸
(2/8 7時頃撮影)

未完成ヘッドランド比較(PDF)

一宮海岸浸食対策事業平面図(PDF)

6号ヘッドランド工事(2/5撮影)

一宮の海岸環境を考える会
代表 小松直之
[緊急準備室]
〒299-4303 千葉県長生郡一宮町東浪見7428-3
Mail : ikaigan@yahoo.co.jp